FC2ブログ

考察No.71


銭形平次


1997年7月18日にテレビ放送された「金曜エンタテイメント」あの未解決事件を追え!超ミステリー事件簿~緊急!列島大捜査線~で、舞ちゃん失踪について取り上げられた。

その中のVTRで祖父母がカラオケスナックへ行くときの状況を証言していたのだが、その内容を見て頂きたい。

祖母「もうみんな従業員も寝だし、2階も寝だがら、しばらぐ行ってないがら、カラオケに行ってくっがってごどになったのない」

祖母「支度して、そしてタクシー呼んで、出でったんですよ」

祖母「9時半頃がね?大体行ったの」(祖父を見ながら)

祖父「9時まで、あれ、あの…」

祖母「みでだんだがら、ねっ」


まず、従業員とはK青年のことを指していると思われる。また、カラオケに行くのが久しぶりだったこともうかがい知ることができる。

その後、祖母が祖父に確認を取るように「9時半頃がね?」と、外出した時刻を証言するのだか、

それに対し、祖父が「9時まで、あれ、あの…」と、9時半頃に外出したことを裏付ける証言をしようとしていたと考えられる。

ところが、祖父がまだ言い終えぬうちに、祖母が「みでだんだがら、ねっ」といきなり被せてくるシーンが印象的だった。

要するに祖父が話にもたついた瞬間、話の先が読めてしまった祖母が割り込んじゃったパターンである。

話をつなげると
「9時までみでだんだがら、ねっ」
となる。

祖父母は9時まで何をみていたのか?

これはやはりテレビ番組で間違いないだろうと思い、1991年7月24日のPM9時まで放送していた番組を確認してみた。福島県だと7番組が該当し、その中で祖父母がみてそうなものだけに絞ると、「プロ野球中継」と「銭形平次」に絞ることができた。

しかし、プロ野球中継は延長戦に突入したため、延長放送となり試合終了は21時50分頃だったことが判明。よって、祖父母がみていたのは「銭形平次」だった可能性が高いと推測できた。

ちなみに、その回の銭形平次のタイトルが奇しくも「証言の秘密」であった。


<あらすじ>
金貸しの喜兵衛が殺され、職人の仙吉が疑われる。仙吉は犯行時間には小料理屋「松月」にいたと言いはるが、愛人でもある女主人おふさはこれを否定する。ところが屋台のそば屋が、小料理屋にいる仙吉を見たと証言。問い詰められたおふさは「仙吉がお縄になれば手を切れると思った」と白状する。銭形平次(北大路欣也)は、犯人は仙吉で、おふさとそば屋の三人がグルで奉行所をだましているのだと直感した。おふさには偽証の罪がかかるが、事件は迷宮入りとなるからだ。


祖父がカラオケスナックで銭形平次の主題歌を唄ったかどうかが気になるところである。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント