FC2ブログ

考察No.52



大滝根川



舞ちゃんが行方不明となった当初、警察や消防などは舞ちゃんの自宅付近を中心に捜索し、舞ちゃんの家から南に300メートルほどの所に流れる「大滝根川」も捜索したが、なんの手がかりも発見されなかったという。


あってはならないことだが、24日夜、舞ちゃんが何者かに連れ出された直後に大滝根川へ突き落とされた可能性はないのだろうか?


家から舞ちゃんを連れ出し、抱えるなり手を引くなどして歩いても、川まで5分とかからない。途中一瞬だけ商店街を横切るが、平日夜の船引町内ならば、誰にも目撃されずに川まで行くことは可能である。


商店街を過ぎるとすぐに大滝根川が見え、そこに架かる大石橋という歩行者専用の小さな橋に行くことができる。


大石橋からの大滝根川↓
otakine.jpg


警察や消防が大滝根川の捜索を開始したのは26日だと思うので、だいたい1日半は経過している。その時はもうすでに下流へ流されていた可能性はないだろうか?


※ただしそうなると疑問点がある。

●(残忍だが)生きたまま橋の欄干から突き落とされたとしたら、わめき声や泣き声、水面に落ちる音も大きいはず。川に面した民家が多数あるため誰かしら気付いてもおかしくない。

●(現在の)大滝根川は水位・水量が少なく、人間が流れるほどの水の勢いもなく穏やかなため、容易に発見されるのではないか(当時の大滝根川の形状がわからないため何とも言えないが)。ちなみに当時の7月下旬の降水量を調べてみたが、少なめであることがわかった。

●どこにも引っ掛からず、誰にも気付かれることもなく下流へ流されたとしても、三春ダムに行き着く。当時の三春ダムはまだ建設途中で、ある程度は貯水されている状態だったが、大滝根川の水は転流中であった。そのままダム湖内に残っているのか、転流でダムをスルーして行ったのか、ダム建設中の仕組みがよくわからないので見当がつかない。仮にダムをスルーしたのならば、その先は阿武隈川と合流することになる。もっと言えば阿武隈川の先は宮城県を通過して太平洋に行き着く。はたして発見されずに、引っ掛からずに太平洋まで流されることはあるのだろうか?それともどこかの川底もしくはダム湖に沈んだままになっているのだろうか?ちなみに三春ダムの職員に確認してみたところ、三春ダムは今までに枯渇したことは一度もないとのこと。もしかすると・・・


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント