FC2ブログ

考察No.6



しばらくすると、再び1階玄関ドアの「バタン」のという音がして、続いて誰かが階段を上る音を聞く。それから5分後、2階へ上がり、賢一さん達の寝ている部屋に行き、横になった

  • 誰かが2階へ上がるの物音を聞いたのであれば、寝室に直行せずに2階の各部屋の様子、特に舞ちゃん達が寝ている部屋を確認するべきだったのではないか?もしくは、急いで風呂からあがって様子を見に行くとか。その時点で、2階には賢一さんと5人の子供が寝ており、祖父母とKは外出していたわけだから、物音が聞こえるのは明らかにおかしい。不審に思わなかったのか?ヨシ子さんは後に「特にその日は、友人の子供たちが泊まっていたので、不用心なことがないようにと意識してかけたことを覚えている」と述べている。そのわりには、そこだけなぜか警戒が緩い。1階玄関ドアも開いたままである。その音を聞いた時にヨシ子さんがどのように感じたのか、ヨシ子さんしかわからないので、なんとも言えないが。ヨシ子さんの立場になって考えると、ヨシ子さんは入浴前に外出するKを目撃しており、「コンビニにでも行ったのだろう」と思っている。ということは、入浴中に玄関から音が聞こえたら、「Kがコンビニから帰ってきた」と思うのがごく自然だと思う。ただし、その後の2階へ上がる物音をどう捉えたのか?Kが日常的に2階に出入りしていたのであれば別だが、そうでなければ、Kの部屋は1階なので、単純に考えれば2階に上がる物音がした瞬間、「Kじゃない」と不審に思うはずである。いずれにせよ、ヨシ子さんは入浴中に1階へ降りる音は聞いてないので、入浴後に2階に誰もいないことを不審に思わなかったのか?納得できない部分であり、そのとき舞ちゃんたちの部屋を確認しに行っていれば、と悔やまれる部分でもある。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント