FC2ブログ

考察No.50



会社をたたんだ後の謎の入札



事件から半年以上が経ち、賢一さんは舞ちゃんの捜索に集中するため、自身の建設会社の従業員10人の再就職を決めると、会社をたたみ、妻子と別居した。

そして、証拠をつかもうと1年間にわたりKを監視し続けたが、具体的な手がかりはなにもつかめず、Kの顔を見るのも嫌になった賢一さんは監視をやめ、妻子を呼び戻した。

ということは、事件発生が1991年7月なので、単純に考えて1992年1月頃に会社をたたみ、そこから1年間の1993年1月までKを監視したことになる。

ところがである。

なぜか廃業したはずの石井建設が1992年3月から相次いで公共工事を入札して仕事を請け負っている。


1992年入札
3月→道路工事
4月→農業用施設工事
7月→道路工事
7月→道路工事
8月→道路工事
8月→道路工事
8月→道路工事
9月→凍雪害防止工事
10月→道路工事


なぜ??

廃業したのでは?

ちょうどKを監視している真っ只中なのでは?

もしかしたら、事業を再開したのかもしれない。

実際に1992年12月に自宅前道路の拡幅工事に伴い自宅を取り壊しているが、その際に自宅跡地に「プレハブの仮事務所」を建てたという報道がなされていた。しかも、事件発生時に「専務」という肩書きだった賢一さんだが、この時は「役員」という紹介がされていた。



この件についてはもうちょっと調べたいと思います。


スポンサーサイト



コメント

No title

実は廃業した分けではなく親戚にでも譲渡していたとかでしょうか?
非公開コメント