FC2ブログ

考察No.45



コンビニ



22:30頃に外出するKを目撃したヨシ子さんは
「コンビニにでも行ったのかな」
と特に気にしなかったと証言していた。


私の中でコンビニといえば、真っ先に思い浮かぶのが「セブンイレブン」である。そのため当時船引駅の近辺にセブンイレブンでもあったのかなと思っていた。


ところが、1991年の地図を調べてみると、船引駅の周辺(徒歩10分以内程度)にはセブンイレブン等のコンビニがないことが判明する。


ヨシ子さんの証言は間違った情報ではなかろうか、と疑念を抱くようになり、なんともスッキリしないので、船引駅周辺に足を運んでみることにした。


先ずは、舞ちゃん自宅近くにコンビニっぽい「ヤマザキショップ」を発見。しかし、ここは事件から数年後に開店しており該当せず。


気を取り直して船引駅に向かいながら、商店街を散策してみる。
八百屋、精肉店、酒屋、薬局、レストラン、洋服店、金魚屋、時計店、文房具店、米穀店、写真屋、美容室、美容室、美容室、、、美容室多いなぁ。


昭和にタイムスリップしたかのような、「ザ・商店街」という雰囲気はあるのですが、いかんせん活気が感じられない。平日とはいえ歩行者が少なすぎるし、各店内を覗いてみても客や店主の姿がない。それに下調べしてわかってはいたが、やはりコンビニはない。


このまま帰れないので、すかさず第一町人に声をかけてみる。

私:「すいませ~ん。25年くらい前この辺りにコンビニなんてありましたか?」

とお尋ねしたところ、

町人:「今はもう店閉めちゃったげどぉ、ほらそごコンビニだったよ」


なんと、
偶然にも目の前に!


シャッターは閉まっているが、確かに商売をしていたような面影がありました。


そこは
船引駅から程近い。
個人経営で食料品とか日用品や雑貨などを扱っていた店らしい。22~23時くらいまで営業していたそうです。


まさしくコンビニです。


なるほど、そういうことか!


フランチャイズ的なコンビニばかりに気を取られ、個人的な商店は完全にノーマーク。


ヨシ子さんの証言していた「コンビニ」というのは、ここの店の可能性が高いと感じました。


ちなみに、舞ちゃんの家から徒歩で5分くらいの近い場所にあるので、Kが夜にふらっと歩いて外出したのを見て、「コンビニにでも行ったのかな」という発想をしても何ら不自然ではないことがわかった。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント